Profile
Visual Designer
Yuka Uogishi
She is Yuka Uogishi, a Japanese-born visual designer based in Tokyo who loves creating mold-breaking ideas and visuals.
She has been a graphic designer for more than ten years in Tokyo. Recently, she began focusing on visual design for museums and cultural institutions, which allows her to draw on her undergraduate work in art, aesthetics, and museum curation at the Joshibi University of Art and Design in Japan.
With a decade's experience - working for National Museum of Emerging Science and Innovation, Tokyo Gas New Museum, and various record labels - she decided to go abroad to study design thinking for social impact in NYC.
In the spring of 2015, she graduated with an MFA in Design for Social Innovation from SVA. There she received skills in design and ethnographic research, multimedia and visual design, data mapping and visualization, game design, facilitation, leadership, and entrepreneurship.
魚岸 由佳
ビジュアルデザイナー。女子美術大学で芸術学を学び、学芸員資格を取得。卒業後、国内の博物館や科学館のインフォメーショングラフィックスや、企業のブランディングを手がける。デザインシンキングを学びに2013年渡米。NYCの美術大学School of Visual ArtsでMFA Design for Social Innovationを専攻し、デザインリサーチ、データマッピング、ゲームデザイン、ファシリテーション、起業家リーダーシップなどを学び、2015年春修士号取得(MFA)。帰国後の2018年に株式会社uogishi designを設立し、現在は東京を中心に活動中。
Awards
2018年
DSA日本空間デザイン賞 2018 銀賞 「さいたま市子ども家庭総合センター ぱれっとひろば」
第52回 日本サインデザイン賞 関東地区賞 「さいたま市子ども家庭総合センター ぱれっとひろば」
DSA日本空間デザイン賞 2018 銀賞 「埼玉県防災学習センター」
第52回 日本サインデザイン賞 入選 「埼玉県防災学習センター」
2016年
第19回 CSデザイン賞 中川ケミカル賞 「薩摩川内市消防局 防災研修センター」
第34回 ディスプレイ産業賞 奨励賞 「薩摩川内市消防局 防災研修センター」他
Projects
Back to Top